ブログ


知っておきたい屋根の構造と部材

 

雨漏り修理裾野市

 

屋根といえば、瓦屋根やトタンなどの金属屋根、コロニアルなどのスレート屋根が主流です。屋根は、いくつかの部材に分かれています。屋根の葺き替えといえば、屋根に使われている部材を全て交換することです。屋根の構造や部材のことを知ると、屋根工事業者の話がわかりやすくなります。ここでは木造住宅に絞り、代表的な屋根の構造と部材についてご紹介します。

 


小屋組(こやぐみ)

 

木造住宅の屋根の構造のことを「小屋組」と呼びます。屋根の骨組みといったところです。専門用語では、屋根裏は、「小屋裏」ということになります。小屋裏に、小屋束(こやづか)を建て、棟の水平方向に沿って母屋(もや)という長い木材を取り付けます。外側には、軒桁(のきげた)と棟木(むなぎ)があり、最も外側に位置する母屋の名称となっています。

 


屋根の仕上げの構造

 

屋根の仕上げとは、屋外から見える屋根材のことです。屋根といえば、屋根の仕上げ材の印象が強く、表から見えるのも仕上げ材です。屋根仕上げ材は、陶器瓦や金属屋根、コロニアルという名称です。

 

仕上げ材が陶器瓦であった場合は、瓦桟(かわらざん)や桟木(さんぎ)と呼ばれる木の棒に引っ掛けるようにして屋根瓦を葺いていきます。雨が降ったときに雨水が浸入しないように雨仕舞い(あまじまい)と言う防水システムが存在し、水切り板金が取り付けられています。

 

板金に使われている部材や用語についても一部ご紹介します。屋根と外壁が接合する壁際に使用されているのが、雨押え板金です。屋根の向きが異なるために屋根と屋根の結合部となる取り合い部分には、谷どい板金が使用されています。

 


屋根の下地の構造

 

屋根材の下地についても聞きなれない専門用語が存在します。母屋の上には垂木(たるき)が斜め方向に取り付けられています。その上に野地板(のじいた)と呼ばれる平らな木の板を張り付けています。野地板の上には、防水目的の下葺き材(したふきざい)を敷きます。下葺き材とは、防水シートやルーフィングのことです。

その他重要な屋根の部材や用語

 

・葺く(ふく)

 

屋根を張って仕上げることを「葺く」といいます。

 

・棟(むね)

 

屋根のてっぺんのことを棟と呼びます。

 

瓦ではない屋根材では、金属製の棟板金(むねばんきん)という板金が取り付けられています。棟下地には、貫板(ぬきいた)と呼ばれる木材があります。木材ではなく樹脂製品も存在します。

 

・妻(つま)

 

切妻屋根(きりづまやね)で雨樋が取り付けられていない面のことを妻やケラバなどと呼んでいます。切妻屋根は、屋根面が2面あり三角形の形をした一般的な屋根の形状です。雨樋がない面は平(ひら)で屋根先には鼻隠しが取り付けられ、妻側の屋根先には破風板が取り付けられています。

 

 

裾野市の雨漏り修理は市川塗装へ

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 市川塗装 株式会社 . All rights Reserved.